橋本誠 作 伊賀 蹲(ウズクマル)

¥ 75,600

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 10,800円以上送料無料

    10,800円以上お買い上げのお客様は送料無料とさせていただきます。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,339円
    • 東北

      • 青森県 1,015円
      • 岩手県 1,015円
      • 宮城県 907円
      • 秋田県 1,015円
      • 山形県 907円
      • 福島県 907円
    • 関東

      • 茨城県 907円
      • 栃木県 907円
      • 群馬県 907円
      • 埼玉県 907円
      • 千葉県 907円
      • 東京都 907円
      • 神奈川県 907円
      • 山梨県 907円
    • 信越

      • 新潟県 907円
      • 長野県 907円
    • 北陸

      • 富山県 907円
      • 石川県 907円
      • 福井県 907円
    • 東海

      • 岐阜県 907円
      • 静岡県 907円
      • 愛知県 907円
      • 三重県 907円
    • 近畿

      • 滋賀県 1,015円
      • 京都府 1,015円
      • 大阪府 1,015円
      • 兵庫県 1,015円
      • 奈良県 1,015円
      • 和歌山県 1,015円
    • 中国

      • 鳥取県 1,123円
      • 島根県 1,123円
      • 岡山県 1,123円
      • 広島県 1,123円
      • 山口県 1,123円
    • 四国

      • 徳島県 1,123円
      • 香川県 1,123円
      • 愛媛県 1,123円
      • 高知県 1,123円
    • 九州

      • 福岡県 1,339円
      • 佐賀県 1,339円
      • 長崎県 1,339円
      • 熊本県 1,339円
      • 大分県 1,339円
      • 宮崎県 1,339円
      • 鹿児島県 1,339円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,339円

※10,800円以上のご注文で送料が無料になります。

橋本 誠 作 
Flower vase (Uzukumaru) by Makoto Hashimoto pottery
伊賀 蹲(うずくまる) 巾13㎝ 高さ16、5㎝

※ラッピングをご希望の場合は、
「贈答用BOX ¥324」をあわせてご注文ください。

これは、燠(おき)の中にうずくまって焼かれた作品だ。後ろに
掛け花に出来る様に金具が付けられる様になっている。
侘助などを生けると最高に似合うだろう!     

陶芸家 橋本 誠

ー 私の(やきもの)-

 私の(やきもの)の窯は薪で焚く(穴窯)である。電気窯やガス窯に比べて最もコントロールが難しい窯である。   四十トン程の薪を4日間焚き続ける。 千三百度を超えた熱が薪の灰を熔かしガラスとなる。 薪窯は自然の変化の影響を受け易く、夏、冬、お天気、雨、風、とうの影響をうけ毎回同じモノは出来ない。
 窯を焚く時、窯を制御しようとするのではなく、むしろ自分が窯のシモベとなって、ひっしに窯のご機嫌を伺い、窯に機嫌良くしてもらうことを念じ、その様に行動する。 その為には窯の火の色に気を配り、煙突から出る煙でタイミングを計り薪を入れ、煙突の音にも神経をとがらせる。  土で形を作る時も完全な円や正方形であるよりは、(侘び、寂)の形を求める。
 陶芸と言う呼び方が日本では一般的であるが、それは電気やガスで焚かれたもので人間が窯を制御して出来たモノである。 わたしの作品は、自然の力を頂き焼きあげたものなので(やきもの)と言いたい。
橋本 誠

Potter: Makoto Hashimoto

-My ‘Yakimono’-

My ‘yakimono’ kiln is fueled by firewood. I built the kiln myself. It is rather difficult to use compared to electric or gas kilns. I must continuously burn about 40 tons of firewood over a period of 4 days. Heat exceeding 1300°C melts the ash of the firewood and contributes to the creation of a particular glaze effect on the pottery. A firewood kiln tends to be influenced by natural elements such as the various seasons and harsh weather conditions, and as a result different effects are created on the pottery each time. It is difficult to create the same effect twice.
When I burn wood in the kiln, I don’t try to control the kiln; rather I become the kiln’s servant. It is my job to take care of the color of the fire in the kiln. The timing of when to add more firewood is measured by the volume and color of the smoke coming from the chimney. I must also pay close attention to the sounds coming from the chimney.
When shaping clay to make a piece of pottery, I don’t look for perfect shapes. Instead, I look for ‘wabi-sabi’. In Japan, pottery is generally referred to as ‘tougei’, and is made with electric or gas kilns which artists can easily control. However, I call my work ‘yakimono’ because it is created using the powers of nature.
Makoto Hashimoto

Brief Profile
Born in Kobe, Japan in 1943.
At age 16 he started drawing pictures and by age 17 my goal was to become a professional artist.
Started making pottery from the age of 25. When he was 30 years old he put drawing aside to concentrate on making ‘yakimono’ (pottery).

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ショップの評価