星ひでお 日光下駄 Nikko geta Sandals by Hideo Hoshi

¥ 24,150

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 10,800円以上送料無料

    10,800円以上お買い上げのお客様は送料無料とさせていただきます。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,339円
    • 東北

      • 青森県 1,015円
      • 岩手県 1,015円
      • 宮城県 907円
      • 秋田県 1,015円
      • 山形県 907円
      • 福島県 907円
    • 関東

      • 茨城県 907円
      • 栃木県 907円
      • 群馬県 907円
      • 埼玉県 907円
      • 千葉県 907円
      • 東京都 907円
      • 神奈川県 907円
      • 山梨県 907円
    • 信越

      • 新潟県 907円
      • 長野県 907円
    • 北陸

      • 富山県 907円
      • 石川県 907円
      • 福井県 907円
    • 東海

      • 岐阜県 907円
      • 静岡県 907円
      • 愛知県 907円
      • 三重県 907円
    • 近畿

      • 滋賀県 1,015円
      • 京都府 1,015円
      • 大阪府 1,015円
      • 兵庫県 1,015円
      • 奈良県 1,015円
      • 和歌山県 1,015円
    • 中国

      • 鳥取県 1,123円
      • 島根県 1,123円
      • 岡山県 1,123円
      • 広島県 1,123円
      • 山口県 1,123円
    • 四国

      • 徳島県 1,123円
      • 香川県 1,123円
      • 愛媛県 1,123円
      • 高知県 1,123円
    • 九州

      • 福岡県 1,339円
      • 佐賀県 1,339円
      • 長崎県 1,339円
      • 熊本県 1,339円
      • 大分県 1,339円
      • 宮崎県 1,339円
      • 鹿児島県 1,339円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,339円

※10,800円以上のご注文で送料が無料になります。

再入荷についてお問い合わせをする

SIZE:
片方 直径23cm
幅 8cm
高さ 7.5cm (鼻緒入れる)

*鼻緒のデザインが変わります。まずはお問い合わせください。

※ラッピングをご希望の場合は、
「贈答用BOX ¥324」をあわせてご注文ください。

江戸時代の東照宮はじめ日光社寺は格式を重んじ、
境内参入についてもいろいろな決まりがあり、
履物も日光の地内に住む下駄職人たちの手で作られた「御免下駄」
(もともと社内参入には草履を使用するのが原則でしたが、
石や雪また坂道も多く不便なので、
草履の下に木の台をつけた御免下駄を考案しました。)
と称する社内参入用の下駄を用いてきました。
これを実用向きに改良したものが日光下駄です。

一般に見られる下駄とは異なり、
下の方が広い歯びらき(二枚歯下駄)になっていて、
安定した独特の工夫が施されています。
右近型(草履型)を主に制作、台木に竹の皮で編みこんだ草履を、
特注の強い麻で縫い付けてあり、鼻緒は草履表に直接取り付けてあります。
台木は、良質の本桐が使われています。 
日光下駄は履き良さはもとより抗菌作用が強く、
冬は暖かく夏は涼しいという保温効果や、
抜群の吸湿性が注目され健康的にも人気が高まっており、
栃木県伝統工芸に指定されています。 

星ひでお (Hideo Hoshi) 藍・型染
星ひでおの特徴は、藍の型染めである。
型染めは日本の伝統的な染色技法で、染め上がるまでには多くの工程を必要とします。
豊かな文様表現と日本人特有の手技が集約された世界に冠たる技法である。

Nikko geta Sandals
by Hideo Hoshi
(Nikko geta artisan and certified Tochigi prefecture traditional craftsperson)

Nikko geta have a wide wooden base
that features a grass-woven layer and bamboo leaves sewn on with twine.
This provides good balance when walking on rocks,
hilly roads, and so forth, and prevents the sandals from getting stuck in the snow.
These geta are unique in that
they are refreshingly cool in the summer and warm in the winter.
They were designed during the Edo period (1600-1868)
for use in the holiest sections of Shinto shrines
believed to be occupied by the gods.

Nikko geta have been specified as a traditional handicraft of Tochigi prefecture.
Hoshi’s workshop applies traditional techniques
from the Meiji period to produce special geta
with handmade sandal straps and original designs.

Hideo Hoshi specialises in the ‘katazome’ method of indigo dying.
This is a traditional method of dyeing that requires a number of processes,
allowing for a range of different patterns not usually seen in conventional indigo dyed materials.

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ショップの評価